« 幸手市テニス大会 | トップページ | ”エステス”ダブルス練習会 »

2010年6月 3日 (木)

テニスの感覚

今、イメージする事や自分自身の感覚と対話する事の大事さを私自身がより感じています( ̄〜 ̄)

目に見える物だけや、活字(文章)で"考えて"しまうとテニスは体が緊張して動かなくなってしまいます。

なので…

頭の中で"思い描いて"ください!

目を閉じてテニスコートを見て(想像)ください(-.-)

プレーする自分を、飛んでいくボールを。

"考える"のではなく、
"感じる"ことです!

そうすることで自然とボールも見えてきます!

ラケットを通じてボールと対話しましょう。

テニスの楽しさはエースをとる爽快感より、相手とラリーすることにあると思います(=⌒ー⌒=)

対戦相手の方にも、打ち返してくれて"ありがとう"と思いながら。

その状況に応じての"直感・閃き"も必要です。

"大丈夫"答えはいつも自分の中にあるんです(o^-')b


それでは、自分との対話(ラリー)、相手との対話を楽しんでテニスしましょう!

« 幸手市テニス大会 | トップページ | ”エステス”ダブルス練習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幸手市テニス大会 | トップページ | ”エステス”ダブルス練習会 »